WordPress(ワードプレス)ホームページ制作・更新作業代行会社

HP開設時に必要なもの

常時SSL化とは

常時SSL化とは、ホームページ全体を暗号化通信が可能な状態にすることで、ホームページのアドレス(URL)は「http://~」ではなく「https://~」となります(HTTP化)。暗号化通信が「推奨」→「必須」になってきた背景として、ホームページの訪問者が送信した情報を第三者によって盗まれたり、改ざんされるという脅威から守るという目的があります。また、Google Chromeを例にすると、常時SSL化されていないサイトは、ブラウザのアドレスバーに「保護されていないサイト」と表示されます。まだ設定をしていないホームページを運営している場合は、訪問者に“安全でないサイトである”と認識されてないよう、早めに設定することをおすすめします。

Google Chromeのアドレスバー表示

保護されていない通信
常時SSL化されていないサイトのアドレスバーには「保護されていない通信」と表示される。
常時ssl化されると
常時SSL化されているサイトのアドレスバーにはカギマークが表示される。

常時SSL化するには

実際に常時SSL化するには、SSL証明書を発行してもらい、サーバに設定する必要があります。SSL証明書は無料で利用できるものから、有料のものがあります。これは、レンタルサーバー会社やホームページ制作会社に相談すると安心です。


川崎・横浜の近隣から全国まで対応いたします。

拠点は川崎・横浜関内ですが、全国どこでも対応させていただきます。
ホームページの「困った!」は、お気軽にご相談ください。

Social Links